地元暮らしをちょっぴり楽しくするようなオリジナル情報なら、魚津の地域情報サイト「まいぷれ」!
文字サイズ文字を小さくする文字を大きくする

メニュー

魚津の地域情報サイト「まいぷれ」

店舗集客・インターネット広告のご案内

まいぷれであなたのお店を「ジモト」にアピールしませんか?

お客様の声

りえ&ブライアンの New York 英会話 School

「りえ&ブライアンの New York 英会話 School」の山本理恵先生にお話しをお伺いしました。
2009年2月にまいぷれがオープンして、一番初めに掲載のお問い合わせを頂いたのが理恵先生なんです。

--お問い合わせいただいた当時の様子をお話しいただけますか?

ニューヨークから旦那様のブライアンと一緒に故郷の黒部に戻り、2008年11月から英会話教室を始めていたのですが、教室を始めた事をどうやって宣伝・広告して行けばよいか迷っていました。
新聞系のフリーペーパーを一度使ってはみましたが、コスト的にも頻繁には使えないし、何か良い方法はないかと。

--編集部に連絡を頂いたきっかけは?

いきつけの飲み屋さん「HANABSA.MA(ハナブサ ドット マー)」で飲んでいた時に、(ハナブサさんは既に掲載しておられたのですが)まいぷれの話を聞き、なんだか気になるな~と思っていたその次の日、買い物に行った「パン工房さくら」さんでも掲載しておられて、ここでも「まいぷれ」?と。(笑)
これは運命かと思い、置いてあったまいぷれのチラシを見て、お店でパンを食べながら問い合わせのメールを送らせていただきました。

--編集部の対応はいかがでしたか?

問い合わせの後すぐに連絡をいただき、是非詳しいお話を聞きたいと伝えた所、編集部の方が教室までパソコンも持ってきて下さり、しっかりと説明して下さいました。
仕組みは思っていた以上に良かったのですが、サイトがオープンしたばかりだったので、どれだけのアクセスがあるサイトなのかは心配でした。

--その不安は解消できましたか?

まいぷれを運営されているニイカワポータルが、そもそもインターネットのプロバイダ業務の会社で、黒部・入善・朝日で10,000世帯を超える会員がいらっしゃるらしく、それならPRも安心かなーと。

--掲載とコース選びの決め手は何でしたか?

掲載はすぐに決めたのですが、オプションのニュースシステムを使うかどうかは迷いました。
自分が知らせたいニュースを、好きなタイミングで出せるというのは面白そうですが、実際に出来るかが心配でした。
でも初めにオプションのお試し期間を設けていただき、やってみたら携帯からでもパソコンからでも簡単に出来ましたし、気まぐれな私でも何のプレッシャーもなく更新できると判り、それからずっと続けています。

--掲載後の反応はどうでしたか?

まいぷれを見て問い合わせて下さるお客様が増えていますよ。個人だけでなく、法人としての依頼もありました。
やはりネットで検索して下調べされる方が多いようですね。
私の教室は独自のHPを持っていませんが、まいぷれのページがあれば検索で見つけてもらえるし、しかも上位に表示されるんですよ。
あらかじめ、まいぷれのページに載せているプロフィールや教室の特長を見て頂けるのは強みですね。

りえ&ブライアンの New York 英会話 School

※(編集部注釈)掲載から4年経過し、全国のアクセスランキング「語学・英会話」部門で1位となっています(2012年12月)

寿司 みなと 旗ヶ崎店 さん(米子市)

寿司 みなと 旗ヶ崎店
寿司 みなと 旗ヶ崎店の山内 宣昭さん

寿司みなとさんは2008年5月から御掲載をいただいているお店です。

このことを山内専務にお伝えすると「えっ!?そんなに月日が経っていたの!?」と少々ビックリされていましたが、「寿司屋のり」さんと後輩の「寿司屋けん」さんと交代でほぼ毎日ニュースを更新されています。

そのニュースの内容が実におもしろい!毎月の高アクセス数もうなずけます。競馬ネタ有り、パチンコネタ有り、釣りネタ有り、家族ネタ有り・・そんな専務の内面性や人柄がとても出ていて、巷では「のりさんファン」が増加中だとか!?

「お店のことや当店がどんな寿司屋なのかは基本ページを見れば分かるから、ニュースではなるべくお寿司ネタは書きません。だってそんなのばかり書いていたって誰も見てくれないでしょ。」ちなみに寿司にまつわるニュースは10回に1・2回・・。「やっぱりお店のことを知ってもらうには、まず自分を知ってもらって、スタッフを知ってもらって、たまにお寿司のこと書いて認知してもらわないとリピートにはつながりませんからねエ」という言葉がやけに印象的でした。

そんな山内専務もまいぷれの掲載を始める前までは、年に数回折り込み広告で集客するぐらいで、まるっきり“攻め”の姿勢が無かったそうです。

山内専務曰く「まいぷれを始めて、180度自分と言うものが変わりました。今では掲載をきっかけに多くの方たちに情報を出す事や、色々とビジネスチャンスが生まれました。まいぷれさんには感謝していますよ」と、この上ない嬉しいお言葉を頂きました。

広島県のローカルTV番組が、取材で境港市の「水木しげるロード」の道中、お店を紹介してくれたり、旅行雑誌「るるぶ」の取材依頼がきたりと新しいメディアへの露出や、県外者に向けての情報発信にも有効なツールだとおっしゃっていただけました。

ネットワークが大事だと気付かされた・・人と人のつながりを大事にしていきたいと思っていただけたきっかけも「まいぷれ」だったそうです。

寿司 みなと 旗ヶ崎店